Azure の各サービスの使用量とクォータを確認する方法

Last Update: feedback 共有

いつも大変お世話になります。Microsoft Azure サポート チームです。

Azure の各サービスの使用量とクォータを確認する方法について以下をご案内させていただきます。

ご参考になりましたら幸いです。

  • 本記事の目的
  • 事前に行う共通作業について
  • Virtual Machines の使用量とクォータを確認する方法
  • ネットワークの使用量とクォータを確認する方法
  • サブネットの使用量とクォータを確認する方法
  • ストレージ アカウントの使用量とクォータを確認する方法
  • Content Delivery Network の使用量とクォータを確認する方法
  • 関連する弊社公開情報

本記事の目的


本記事では、PowerShell を使って Azure の各サービスの使用量とクォータを確認する方法をご案内いたします。

お客様から「現在のリソースの使用量を確認したい」「クォータ増加後の上限を確認したい」といったお問い合わせをいただくことがあります。

もちろん、Azure ポータルでは以下の画面で使用量とクォータを確認できます。

本記事ではこの使用量とクォータを PowerShell で確認する方法をご案内します。

!! 注意事項 !!
全てのサービスについてご案内するものではありません。
今後、少しずつご案内内容を増やしていければと思います。

また本記事内に記載する PowerShell の結果は弊社検証環境の結果です。
お客様環境で同じ結果が得られること、または同じ結果を得られるようにすることをお約束するものではありません。

事前に行う共通作業について


各サービスの使用量とクォータを確認するために事前に行う共通作業についてご案内します。

まずは、以下の手順を実施します。

  1. 以下の弊社技術ブログに沿って、リソース マネージャー デプロイ モデルの Azure PowerShell をインストールする

    Azure PowerShell インストール手順
    https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2017/05/02/azure-powershell-3-8-0-install/
    ※ 既にインストール済みの場合、実施は必須ではありません。

  1. PowerShell を管理者として起動する

  2. 以下のコマンドを実行して Azure に接続する
    Connect-AzureRmAccount
    ※ 認証が発生するので、ID とパスワードを入力して認証を終えます。

  1. 以下のコマンドを実行して対象の Azure サブスクリプションを指定する
    Select-AzureRmSubscription -SubscriptionObject “<サブスクリプション ID>”

    <サブスクリプション ID> には、対象の Azure サブスクリプションのサブスクリプション ID を入れます。
    サブスクリプション ID は以下の弊社公開情報に沿ってご確認いただけます。

    サブスクリプション ID とデプロイ ID を確認する方法について
    https://blogs.msdn.microsoft.com/dsazurejp/2013/12/06/id-id/
    ※ 「■ サブスクリプション ID の確認方法」をご参照ください。

    例)
    Select-AzureRmSubscription -SubscriptionObject “aabbccdd-eeaa-bbcc-ddee-aabbccddeeaa”

Virtual Machines の使用量とクォータを確認する方法


Virtual Machines のクォータと使用量を確認する方法をご案内します。
上記の「事前に行う共通作業について」を実施してから、以下の手順を実施します。

  1. 以下のコマンドを実行して、Virtual Machines のクォータと使用量を取得する

    Get-AzureRmVMUsage -Location:’<リージョン>’
    <リージョン> には、対象のリージョンを入れます。

    「Get-AzureRmVMUsage -Location:」まで入力していただいて、Tab キーを押下することで順にリージョンが表示されます。

    例)
    Get-AzureRmVMUsage -Location:’Japan East’

  2. コマンドの結果を確認する
    Current Value が現在の使用量です。

    Limit がクォータです。
    例)
    Name Current Value Limit Unit
    -— ————- —– —-

    Availability Sets 10 2000 Count

    Total Regional vCPUs 62 190 Count

    Virtual Machines 31 10000 Count

    Virtual Machine Scale Sets 0 2000 Count

    Standard BS Family vCPUs 62 100 Count

    Basic A Family vCPUs 0 100 Count

    Standard A0-A7 Family vCPUs 0 100 Count

    Standard A8-A11 Family vCPUs 0 100 Count

    Standard D Family vCPUs 0 100 Count

    Standard Dv2 Family vCPUs 0 100 Count

    Standard DS Family vCPUs 0 100 Count

    Standard DSv2 Family vCPUs 0 100 Count

    Standard G Family vCPUs 0 100 Count

    Standard GS Family vCPUs 0 100 Count

    Standard F Family vCPUs 0 100 Count

    Standard FS Family vCPUs 0 100 Count

    Standard NV Family vCPUs 0 24 Count

    Standard NC Family vCPUs 0 48 Count

    Standard H Family vCPUs 0 8 Count

    Standard Av2 Family vCPUs 0 100 Count

    Standard LS Family vCPUs 0 100 Count

    Standard Dv2 Promo Family vCPUs 0 100 Count

    Standard DSv2 Promo Family vCPUs 0 100 Count

    Standard MS Family vCPUs 0 0 Count

    Standard Dv3 Family vCPUs 0 100 Count

    Standard DSv3 Family vCPUs 0 100 Count

    Standard Ev3 Family vCPUs 0 100 Count

    Standard ESv3 Family vCPUs 0 100 Count

    Standard FSv2 Family vCPUs 0 100 Count

    Standard NDS Family vCPUs 0 0 Count

    Standard NCSv2 Family vCPUs 0 0 Count

    Standard NCSv3 Family vCPUs 0 0 Count

    Standard LSv2 Family vCPUs 0 0 Count

    Standard EIv3 Family vCPUs 0 100 Count

    Standard EISv3 Family vCPUs 0 100 Count

    Standard Storage Managed Disks 0 10000 Count

    Premium Storage Managed Disks 31 10000 Count

    StandardSSDStorageDisks 0 10000 Count

    DirectDriveDisks 0 10000 Count

    StandardStorageSnapshots 3 10000 Count

    PremiumStorageSnapshots 0 10000 Count

    ZrsStorageSnapshots 0 10000 Count

ネットワークの使用量とクォータを確認する方法


ネットワークのクォータと使用量を確認する方法をご案内します。

上記の「事前に行う共通作業について」を実施してから、以下の手順を実施します。

  1. 以下のコマンドを実行して、ネットワークのクォータと使用量を取得する

    Get-AzureRmNetworkUsage -Location:’<リージョン>’
    <リージョン> には、対象のリージョンを入れます。
    「Get-AzureRmNetworkUsage -Location:」まで入力していただいて、Tab キーを押下することで順にリージョンが表示されます。

    ただし、このコマンドの Location では自動保管されたリージョンからスペースを削除する必要があります。
    例えば、自動保管されたリージョンが ‘Japan East’ である場合、間にあるスペースを削除して ‘JapanEast’ にする必要があります。

    例)
    Get-AzureRmNetworkUsage -Location:’JapanEast’

  1. コマンドの結果を確認する

    Current Value が現在の使用量です。

    Limit がクォータです。

    例)

    CurrentValue Limit Name

    -———– —– —-

    6 1000 Virtual Networks

    4 200 Static Public IP Addresses

    18 5000 Network Security Groups

    35 200 Public IP Addresses

    0 2147483647 Public Ip Prefixes

    31 24000 Network Interfaces

    8 100 Load Balancers

    0 50 Application Gateways

    0 200 Route Tables

    0 1000 Route Filters

    0 1 Network Watchers

    0 100 Packet Captures

    0 3000 Application Security Groups.

    0 1 DDoS Protection Plans.

    0 500 Service Endpoint Policies

    0 200 Network Intent Policies

    0 25 DNS servers per Virtual Network

    0 3000 Subnets per Virtual Network

    0 65536 IP Configurations per Virtual Network

    0 100 Peerings per Virtual Network

    0 1000 Security rules per Network Security Group

    0 100 Security rules per Network Intent Policy

    0 100 Routes per Network Intent Policy

    0 4000 Security rules addresses or ports per Network Security Group

    0 250 Inbound Rules per Load Balancer

    0 10 Frontend IP Configurations per Load Balancer

    0 5 Outbound Rules per Load Balancer

    0 400 Routes per Route Table

    0 256 Secondary IP Configurations per Network Interface

    0 500 Inbound rules per Network Interface

    0 1 Route filter rules per Route Filter

    0 1 Route filters per Express route BGP Peering

サブネットの使用量とクォータを確認する方法


サブネットのクォータと使用量を確認する方法をご案内します。

上記の「事前に行う共通作業について」を実施してから、以下の手順を実施します。

  1. 以下のコマンドを実行して、サブネットのクォータと使用量を取得する

    Get-AzureRmVirtualNetworkUsageList -ResourceGroupName:<リソース グループ名> -Name:<仮想ネットワーク名> | fl

    <リソース グループ名> には、対象のリソース グループ名を入れます。

    「Get-AzureRmVirtualNetworkUsageList -ResourceGroupName:」まで入力していただいて、Tab キーを押下することで順にリソース グループ名が表示されます。

    <仮想ネットワーク名> には、対象の仮想ネットワーク名を入れます。

    例)

    Get-AzureRmVirtualNetworkUsageList -ResourceGroupName:rg01 -Name:vn01 | fl

  1. コマンドの結果を確認する

    Current Value が現在の使用量です。

    Limit がクォータです。

    例)

    Name : Subnet size and usage

    Id : /subscriptions/aabbccdd-eeaa-bbcc-ddee-aabbccddeeaa/resourceGroups/rg01/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/vn01/subnets/sn01

    CurrentValue : 4

    Limit : 251

    Unit : Count

    Name : Subnet size and usage

    Id : /subscriptions/aabbccdd-eeaa-bbcc-ddee-aabbccddeeaa/resourceGroups/rg01/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/vn01/subnets/sn02

    CurrentValue : 3

    Limit : 251

    Unit : Count

    Name : Subnet size and usage

    Id : /subscriptions/aabbccdd-eeaa-bbcc-ddee-aabbccddeeaa/resourceGroups/rg01/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/vn01/subnets/sn03

    CurrentValue : 2

    Limit : 251

    Unit : Count

ストレージ アカウントの使用量とクォータを確認する方法


ストレージ アカウントのクォータと使用量を確認する方法をご案内します。

上記の「事前に行う共通作業について」を実施してから、以下の手順を実施します。

  1. 以下のコマンドを実行して、ストレージ アカウントのクォータと使用量を取得する

    Get-AzureRmStorageUsage

  1. コマンドの結果を確認する

    Current Value が現在の使用量です。

    Limit がクォータです。

    例)

    LocalizedName : Storage Accounts

    Name : StorageAccounts

    Unit : Count

    CurrentValue : 0

    Limit : 200

Content Delivery Network の使用量とクォータを確認する方法


Content Delivery Network のクォータと使用量を確認する方法をご案内します。

上記の「事前に行う共通作業について」を実施してから、以下の手順を実施します。

  1. 以下のコマンドを実行して、Content Delivery Network のクォータと使用量を取得する

    Get-AzureRmCdnSubscriptionResourceUsage | fl

  1. コマンドの結果を確認する

    Current Value が現在の使用量です。

    Limit がクォータです。

    例)

    ResourceType : profile

    Unit : count

    CurrentValue : 0

    Limit : 25

関連する弊社公開情報


本記事に関連する弊社公開情報をご案内します。

Azure サブスクリプションとサービスの制限、クォータ、制約

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-subscription-service-limits

Get-AzureRmVMUsage

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azurerm.compute/get-azurermvmusage

Get-AzureRmNetworkUsage

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azurerm.network/get-azurermnetworkusage

Get-AzureRmVirtualNetworkUsageList

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azurerm.network/get-azurermvirtualnetworkusagelist

Get-AzureRmStorageUsage

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azurerm.storage/get-azurermstorageusage

Get-AzureRmCdnSubscriptionResourceUsage

https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azurerm.cdn/get-azurermcdnsubscriptionresourceusage

以上の通りご案内いたします。

引き続き弊社製品・サービスについてお客様のお役に立てる情報のご案内に努めさせていただきます。

よろしくお願いします。

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。