課金サポートにおける深刻度 (重大度) A のお問い合わせについて

Last Update: feedback 共有

Microsoft Azure の課金に関するサポート (請求、クォータ、サブスクリプションの管理) は無償です。課金サポートも、サブスクリプションの無効化に伴うサービス停止、または早急に対応しないとその可能性がある場合、深刻度 (重要度) A でお問い合わせをいただくことで緊急対応が可能です。

■ 課金サポートにおける深刻度 A として想定される主なシナリオ

課金サポートにおける深刻度 A として想定される主なシナリオは以下のとおりです。

  1. サブスクリプションが無効化されてしまい、サービスにアクセスすることが出来ません。至急、サブスクリプションの再有効化してほしい
  2. 12 か月の前払いプランや Azure イン オープン プランにおいて前払いやクレジットの残り金額が残り少なくなっており、すぐに増額しないとサブスクリプションが無効化されてしまう
  3. クレジット カードでの支払いが正しく処理されておらず支払が滞っているため、サブスクリプションが無効化されてしまう

上記以外のシナリオにつきましては、お客様の状況をお伺いした上で深刻度 B または C に変更されます。また、営業時間外 (平日 17:30 ~ 翌日 9:00、および土日祝日) にいただいたお問い合わせの場合、翌営業日の対応となります。予めご了承ください。

■ 深刻度 A の定義

深刻度 A でのお問い合わせ時には、以下の条件に合致するかどうかご確認の上、お問い合わせください。

受付時間・対応時間

24×7 365日

お客様の状況

事業に大きな影響が発生する場合:

  • サービスダウンなどお客様の事業に大きな損失が発生し、サービスの質が大きく低下
  • 即時の対応が必要

条件:

  • 問題の緊急度・影響度に対する合理的な理由を提供いただく必要があります。

  • 緊急度 A での対応中は、お客様も 24 時間 365 日体制で、常に連絡の取れる状態で、必要な情報も速やかにご提供いただく必要があります。
    連絡がつかない場合や必要な情報を提供いただけない場合は、マイクロソフト側で緊急度を B または C に変更する場合があります。

  • 障害の復旧作業が最優先となり、復旧後の原因追究は緊急対応いたしません。
    復旧後の原因追及は、緊急度 B または C での対応となります。

■ サービスを継続的にご利用いただく方法

上述の深刻度 A として想定される主なシナリオは、問題を未然に防ぐことや、ご自身で問題を解決できる可能性があります。大切なお客様のサービスを継続的にご利用いただくため、以下のドキュメントを是非ご活用ください。

  1. サブスクリプションが無効化されてしまい、サービスにアクセスすることが出来ません。至急サブスクリプションの再有効化してほしい

  2. 12 か月の前払いプランや Azure イン オープン プランにおいて前払いやクレジットの残り金額が残り少なくなっており、すぐに増額しないとサブスクリプションが無効化されてしまう

  3. クレジット カードでの支払いが正しく処理されておらず支払が滞っているため、サブスクリプションが無効化されてしまう

Microsoft Azure サポートチーム

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。